薬とダイエットサプリの飲み合わせ

薬とダイエットサプリの飲み合わせは大丈夫ですか?

 

薬とダイエットサプリの飲み合わせについて

ダイエットを行う際に、不足しがちな栄養素の補給などを目的にダイエットのサポート的にダイエットサプリを取り入れる人も多いのではないでしょうか。

 

サプリは「健康補助食品」に分類されているため、薬とは違い手に入れやすく、飲みやすくできているので気軽に使えます。

 

そして、「健康補助食品」であるため、一見サプリを摂ることは健康やダイエットにプラスに働くことはあっても、マイナスに働くことは無いように思えます。

 

しかし、ダイエットサプリを摂取する際にはその「飲み合わせ」に注意しなければなりません。飲み合わせの注意とは、ダイエットサプリと他のサプリや薬を同時に飲んだ時に体に悪影響が出ないかということです。

 

最近では厚生労働省も薬とサプリメントの併用に注意喚起をしています。

 

飲み合わせの注意点

それでは具体的に薬とダイエットサプリの飲みあわせで注意すべきことをみていきます。

 

サプリメントの飲み合わせはサプリメント同士の場合には、栄養素の重複による過剰摂取や、相反する作用を持つサプリを飲み効果が薄れてしまったりという問題があります。

 

しかし、特に注意すべきなのは、医薬品・処方薬などの薬とダイエットサプリを同時に摂取する場合です。

 

ダイエットサプリには様々な特徴を持つものがあり、カフェインが多く含まれる脂肪燃焼系や老廃物の排出を促すデトックス系、腸内環境を改善するもの、女性ホルモンに働きかけるものなどがあります。

 

これらのダイエットサプリの成分によっては、薬の吸収を妨げたり、薬の効果を弱めたりしてしまい「治療」に悪影響を及ぼすことがあります。

 

また、デトックス系のダイエットサプリを同時に飲んでしまい、大切な薬の成分まで排出してしまい、薬の効果を完全に消してしまうリスクもあります。

 

サプリメントは薬のようにしっかりとした臨床研究がなされている訳ではなく、あくまでメーカーの努力義務の範囲で販売されています。

 

どの成分がどのように作用するかは、体質やその時の体調などでも変わってしまうため、専門家でも判断が難しい側面があります。

 

このように、ダイエットサプリの特徴と体の中でどのように働くかを考え、サプリメント同士の飲み合わせに関しては、購入時にサプリメントアドバイザーに相談したりします。

 

また、どうしても薬と併用して飲みたい場合には、医薬品の場合は薬局の薬剤師に、処方薬の場合は医師にダイエットサプリの成分を伝え相談する必要があります。