井藤漢方製薬食べてもDietサプリ効果の口コミ

食べながらダイエットできるという夢のようなサプリメント、「食べてもDiet」ですが、どんな成分が入っており、どんなダイエット効果があるのでしょうか?気になるその口コミもご紹介します。

 

井藤漢方製薬 食べてもDietの特徴と成分

「井藤漢方製薬 食べてもDiet」は炭水化物や甘いものが好きな方、食べるのは好きだけどダイエットを頑張りたいという方のためのダイエットサプリです。

 

ダイエットをサポートする6つの成分が配合されていて、いつもの食事にプラスするだけという手軽さが魅力です。

 

主な有効成分は、

  • 黒烏龍茶
  • ギムネマ
  • キトサン
  • 白いんげん豆
  • スレンデスタ
  • ブラックジンジャー

です。

 

糖分・脂肪の吸収を抑える働きのある成分だけでなく、脂肪を分解して効率的に消費させる働きのあるブラックジンジャー、そして満腹効果が臨床実験で証明されているスレンデスタが含まれているのが人気の秘訣です。

 

「食べてもDiet」はその成分や特徴がファンケルの「大人のカロリミット」と似ているのですが、どんな違いがあるのでしょうか?

 

成分を見てみると、「食べてもDiet」には「大人のカロリミット」に配合されていないスレンデスタが入っているのでお得感がありますが、有効量が30mg必要なのにもかかわらず3mgしか配合されていません。

 

また、ブラックジンジャーも「大人のカロリミット」には150mg入っているのにこちらには15mgしか配合されていないなど、有効成分の含有量では「大人のカロリミット」のほうがよいと言えます。

 

食べてもDietの効果と口コミ

服用を長期間続けている方は、体重を落とすというよりも食事を減らさずに体重をキープしたいという方が多いようで、その面では効果が得られているようでした。

 

特に、たくさん食べる機会のある年末年始や女子会などで活用しているようです。

 

また、ほかのダイエットサプリに比べて安価でコスパがよいので、長期間続けることができてよいという声も多くありました。

 

一方で飲み続けても全く効果がないと感じる方も少数いるようで、やはり運動や食事制限などほかのダイエットと組み合わせることで効果が得られるようです。

 

さらに、ちょっと苦味があるのが気になるという方もいたので、苦いのが苦手という方は続けるのが難しいかもしれません。

 

「井藤漢方製薬 食べてもDiet」の有効成分や、類似サプリとの違い、そして効果や口コミをご紹介しましたがいかがでしたか?

 

有効成分の含有量が少ないのが欠点ですが、コスパがよいということですので試す価値はあるかもしれません。
井藤漢方製薬食べてもDietの公式ページへ>>