太ももダイエットの方法

ダイエットをしても、なかなか脂肪が落ちないのが太ももです。太ももは、そもそも筋肉がつきやすい部分であるため、そこへ脂肪が乗ってしまうと、必要以上に太く見えてしまいます。

 

では、どうすれば効率よく太ももの脂肪を落とすことができるのでしょうか。

 

太もものむくみをとるリンパマッサージ

立ち仕事やデスクワークの方の場合、夕方になると足がパンパンに張ることがあるのではないでしょうか。これは、体内の水分が下垂して、足に水分が溜まりやすくなるからです。

 

そして、この状態を放置していると、溜まった水分と脂肪がひとつの塊となって、セルライトを作り出す原因になります。

 

これを防ぐためには、お風呂上がりにリンパマッサージを行うのが有効です。マッサージを行う際には、スリミングジェルやクリームを着けて行うと、指の滑りが良くなってスムーズに行うことができます。

 

太ももリンパマッサージの方法

  1. 両手で足の裏をほぐします。
  2. すねのくぼみがある部分を、膝下まで5回程度撫で上げます。
  3. 足首からふくらはぎを膝の裏に向けて5回程度撫で上げます。
  4. 膝の裏を強く押します。
  5. 太ももの前面を足の付け根に向けて5回程度撫で上げます。
  6. 太ももの後ろをお尻に向けて5回程度撫で上げます。
  7. 足付け根のそけい部を強く押します。

このマッサージは、必ず両手で行い、力を入れ過ぎないことがポイントです。

 

また、1回のマッサージではっきりとした足痩せ効果は現れませんが、毎日リンパを流すことによって、足に溜まっていた水分や脂肪などの老廃物が、対外へ排出されやすくなります。

 

摂取する食事の内容についての注意点

むくみというよりも、脂肪そのもので太ももがガチガチに固まっている方の場合には、リンパマッサージも確かに有効ですが、摂取している食事の内容について見直しを行ってみましょう。

 

まず、ダイエット時は肉や魚のカロリーを怖がって食べないという方がいますが、これは間違いです。というのは、肉や魚は、摂取したところで血糖値が急激に上昇するわけではありませんので、太ももが太くなる原因にはなりません。

 

それよりも注意しなければならないのが、糖質全般です。

 

ご飯、麺類、パンなどは、体内ですぐにエネルギーを作り出す大切な成分ではありますが、血糖値を休場させる作用をもっているため、体内に脂肪を溜め込みやすくするという特徴を持っています。

 

また、ダイエットを意識しているのであれば、野菜、肉類や魚、糖質の順番に摂取して行くと、比較的体脂肪がつきにくくなります。