脚ダイエット!足のむくみの原因と解消方法

夕方になると、靴がきつくなっている、足がだるくなり重く感じる…など、足のむくみを感じたことがある女性は多いと思います。

 

どういう状態が、足がむくんでいるっていうのか分からない、という方は次のチェックに当てはまるかどうか確認してみて下さい。

 

足のむくみチェック!

  • 夕方になると靴がきつくなる(入らない)
  • 足を指で押すと、なかなか跡が消えない
  • 靴下のゴム跡がつく
  • 足が重い、ダルく感じる

このように感じる場合は、むくんでいる可能性があります。

 

足のむくみの原因

長時間の同じ姿勢
オフィスワークで長時間座りっぱなしや、接客業などで立ちっぱなしなど、同じ姿勢を取り続けていると足はむくみやすくなります。

 

心臓が血液を全身へ送り出していますが、その血液を足先から心臓へ戻すためには重力に逆らう強い力が必要となります。

 

長時間、同じ姿勢を続けていると、その血液を押し返す力(ポンプ機能)が働きにくくなってしまい、血液の流れが悪くなってしまいます。

 

その結果、足に老廃物が溜まって足のむくみとなるのです。

 

体の冷え
女性に多い冷え性なども原因となります。

 

夏場のクーラーによる体の冷えすぎ、冬場の寒さによる冷えなどもです。体が冷えると、血液の流れやリンパの流れが悪くなります。

 

血行不良で老廃物や余分な水分を排出することができず、むくみへとつながります。

 

運動不足
運動不足によって筋力が落ちてしまうと、ポンプ機能が低下し血液の流れが悪くなってしまいます。

 

血流が悪くなると、全身に酸素や養分が行き渡らなくなるだけでなく、老廃物が溜まりやすくなり、その結果、足のむくみとなります。

 

特に女性は、男性に比べると筋肉量が少ないために、血液を心臓に戻す力が弱く、むくみやすいといわれています。

 

また、加齢によって筋肉量が落ちてきてくることも足のむくみの原因となります。

 

水分の過剰摂取や食べ過ぎ
水分を摂り過ぎることによって、水分の体外への排出量を超えてしまい、体内に余分な水分が残ってしまうこともあります。

 

余分な水分は、特に足に溜まりやすく、それがむくみの原因となってしまいます。

 

この水分の摂り過ぎは、食品の食べ過ぎでも起こります。それは、食べものに含まれる水分が食べ過ぎによって体内に残ってしまうためです。

 

また、女性の好むスイーツもむくみの原因になります。

 

スイーツに含まれる糖分は過剰に摂取すると、体が冷えてしまうのです。このことが、老廃物や水分の排出の妨げとなり、足のむくみの原因となります。

 

女性のホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンの乱れによって、足、特に足の甲がむくむことがあります。

 

女性ホルモンが、自律神経に関与しているためで、女性ホルモンの乱れによって自律神経も乱れ、リンパの流れが悪くなってしまい老廃物が溜まりやすくなります。それが、足のむくみとなって出てくるのです。

 

生理前に足がむくむことが多い、という方はこのためですが、この場合は一時的なものなので自然に解消されることが多いです。

 

病気によるもの
足のむくみは、心臓疾患、肝臓疾患、腎臓疾患など、生活習慣病によって引き起こされることがあります。

 

生活習慣の乱れにより、血液がドロドロな状態な方、血液循環が悪くなった方、肝臓や腎臓に疾患があり体内の水分調節が出来なくなってしまった方も足がむくみます。

 

慢性的にむくんでいるなど、心当たりがある方は、要注意です。

 

足のむくみの解消方法

定期的な運動
運動不足によって引き起こされている場合も多いので、ウォーキングやジョギングなど適度な運動を心がけましょう。

 

また、長時間同じ姿勢をとることが多い方は、こまめに休憩をとり屈伸をしたりストレッチを行うなど意識して足を動かしましょう。

 

筋肉トレーニング
足に筋肉がつくと血流を良くするために必要な筋肉もつきます。つま先立ちをしたり、軽い屈伸運動でいいので習慣的に行いましょう。

 

過度な塩分・糖分の摂取を避ける
糖分は体を冷やしてしまうと説明しましたが、塩分も過剰に摂取すると血液の流れが悪くなります。特にインスタント食品などは、塩分が多いので注意が必要です。

 

マッサージ
足首・ふくらはぎ・太ももなどをマッサージしましょう。足首を両手で軽く握ったり離したりを繰り返し行いましょう。

 

ふくらはぎは、下から手でつかみながら、足首から膝下までスライドさせていきます。太ももは、膝から足の付け根まで、両手を使って擦り上げます。

 

どれも1〜2分程度行いましょう。マッサージは、特にお風呂上りにやると効果的です。

 

慢性的な足のむくみは要注意

足のむくみの原因のひとつに、病的なものがあると説明しました。翌朝になっても、足のむくみが治らないなど、慢性的にむくんで治りにくい場合は、注意が必要です。

 

特に、

  • 足のむくみが左右で異なる場合
  • 皮膚にかゆみがある場合
  • 筋肉のけいれんがある場合
  • むくんでいる場所を押すと、しばらく跡が残ってしまう場合

このような症状がある場合は危険です。足のむくみぐらい、と思わず病院で診察を受けてみましょう。