妊娠すると女性は太りやすくなります。

妊娠すると女性は太りやすくなります。

 

元々痩せ型で太りにくい体質の方は、赤ちゃんがいるお腹以外太らないという方もいますが、つわりが終わる妊娠中期から後期は、太りやすい時期と言われています。

 

理由は、胎児が栄養を必要とし、食欲が増すためです。

 

妊娠中は元気な赤ちゃんを産むために、しっかり食べた方がいいと思いますよね。しかし妊娠中でも激太りは禁物です。

 

なぜ太るとダメなのかその理由と、妊婦さんにおすすめのダイエット法をご紹介します。

 

妊娠中に太るリスク

@出産時難産になる可能性が高まる
太ってしまうと、産道が狭くなってしまうため通りにくく、出産時赤ちゃんがなかなか出て来れない可能性があります。お産が長引くと、母子ともに心身に負担がかかってしまいます。

 

A妊娠糖尿病の原因に
妊娠後期に糖尿病になる方が多く、早産や妊娠高血圧症候群を合併してしまう場合があります。

 

B体に負担がかかる
お腹に赤ちゃんがいるだけで、体への負担になりますが、太ると体重が増えるため更に体に負担がかかってしまいます。

 

妊娠中・産後ダイエットの方法

妊娠初期のつわりの時期が過ぎると、食べ物を美味しく感じるようになり、ついつい食べ過ぎてしまうことも多いはず。

 

ですが、妊娠中に太り過ぎてしまうと、妊娠高血圧症などの危険性が出てきますので、できる限り体重を増やさない工夫を行うことが大切です。

 

また、出産後には安心してダイエットに取り組むことができますが、方法を選ばないと、なかなかダイエット効果が現れず、イライラすることもあるでしょう。

 

それでは、妊娠中と出産後におすすめしたいダイエット法をご紹介します。

 

妊婦におすすめのダイエット法

@低カロリーの食事にする
妊娠中は、美容目的というよりも、赤ちゃんが育ちやすい環境づくり目的で、正しいダイエットを行うことか望ましいとされています。

 

そして、その方法として適切なのが、食事にコンニャクや海藻、キノコを取り入れたローカロリーダイエットです。

 

コンニャクには食物繊維とセラミド、海藻にはミネラル、キノコには食物繊維が豊富に含まれていますので、これらの食品を食事に積極的に取り入れることにより、妊娠中のカロリーオーバーを避けることができます。

 

カロリーの高い脂ものやお菓子はできるだけ控え、低カロリーのものを食べるようにしましょう。洋食・イタリアンなども控え、和食を中心にするといいですよ。

 

A飲料水はお茶・水を定番に
ジュースはもちろん、スポーツドリンクにも砂糖がたくさん含まれています。水やお茶がベストです。

 

B適度に体を動かす
妊娠中は体が重くなりあまり動きたくないものですよね。また妊婦は激しい運動も禁止です、しかし適度に体を動かすことも大切です。調子の良い日は歩いて散歩する・室内で足踏みをするなど、軽いウォーキングがお勧めです。

 

Cマタニティヨガ
人気を集めているマタニティヨガ。ヨガを行うことで、運動不足を解消するだけでなく、心のバランスを整える効果もあります。妊娠中は出産への不安と期待で心身ともに不安定な時期なので、おすすめです。

 

Dレコーディングダイエット
毎日食べたものを記録しておくダイエット方法です。毎日記録することで、太りやすい食べ物の発見に繋がる・前日食べすぎていたら翌日はカロリーの低い物を中心にするなど、自己管理することができる。

 

骨盤ダイエットは結構おすすめ!

妊娠中には骨盤がどんどん広がり、赤ちゃんが通り抜けやすいように産道が作られます。そして、妊娠中に開いた産道は、出産後しばらくは開きっぱなしになりますので、骨盤ベルトなどで引き締めてあげることが、身体の回復を早めます。

 

骨盤が開いたままの状態だと、内臓が正しい位置からずれて、お腹やお尻などに脂肪がつきやすくなります。また、骨盤の開きを放置していると、それが原因で体調不良を引き起こしてしまうことも考えられます。

 

そして、それを避けるためには、骨盤ベルトなどで骨盤を引き締めた上で、適度な運動を行うことが大切です。

 

骨盤ダイエットの口コミ

病院に相談したら、骨盤ベルトの着用を勧められました。これを着けていると腰が楽になり、骨盤が元の状態に戻って行くのがわかります。

出産後すぐに骨盤ベルトを着けました。これのおかげか、出産後の骨盤の回復が早かったです。

妊娠中に10キロ体重が増えてしまい、これは大変だと思い、骨盤ガードルを着けてみました。出産後からずっと着けていて、体重には大きな変化が見られませんが、体型の回復は早いのではないかと思います。出産後の体型戻しを早めに行いたい方には、骨盤ガードルがおすすめですよ。

 

このように、骨盤ベルトや骨盤ガードルが産後の体型戻しに役立っていることがわかりますね。

 

出産後、早めに体型戻しを行いたい方は、医師に相談した上で、体型に合った骨盤ベルトや骨盤ガードルを着用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

妊娠中に太った場合のリスクと、妊婦におすすめのダイエット法をご紹介しました。

 

妊娠中のダイエットに一番大切なので、無理をしないこと。無理してダイエットをすると、体に大きな負担がかかり、体内の赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。

 

妊娠中の方・これから妊娠予定の方は、ご紹介したダイエット法を参考にしてみて下さい。