メタボリック症候群の原因と解消方法

メタボリック症候群の始まりは、2008年から特定健診制度として40〜74歳までの男女を対象に厚生労働省が一定基準の検査をすることで健康に過ごせるよう定めたものになります。

 

まず、メタボリック症候群の検査で一番認知度が高く、一般的なやり方はおへその位置のウエストを計測し、男性は85cm、女性は90cm以上あるか調べるやり方です。

 

多くの方はこの条件に当てはまる人をメタボリック症候群だと勘違いしていますが、実はこの条件だけではメタボリック症候群ではありません。

 

そもそもメダボリックを日本語に訳すと「代謝」という意味になります。

 

つまり、代謝に異常がある病気という意味です。ですので、ウエストが太いだけではメタボリック症候群ではありません。

 

メタボリック症候群の診断基準はウエストの大きさと、中性脂肪、HDLコレステロール、血圧、血糖の数字が基準以上であることが条件になります。

 

これら全てに該当するのではなく、ウエストプラス、その他2項目に該当するとメタボリック症候群と診断されるわけです。

 

メタボリック症候群は生活改善をせずに放置すると病状が進行し、血液がドロドロになって流れが悪くなり、脳梗塞、脳内出血などの大きな病気を引き起こす原因となります。

 

診断された方は早めの生活改善が必要になるわけです。

 

メタボリック症候群の原因と解消方法

メタボリック症候群の原因は生活習慣にあります。

 

ファーストフードなどの味付けやカロリーの高いものを沢山食べることでカロリーを摂取し過ぎていたり、食べ過ぎで内臓脂肪がつき代謝が落ちてしまうことで脂肪を代謝しづらい体質になっています。

 

体に沢山ついてしまった脂肪は体が体外へ排出しようと異常に分解物質を分泌するため血糖が上がったり、コレステロールが上がってしまうことになります。これがメタボリック症候群の原因です。

 

メタボリック症候群を解消するには、栄養バランスのとれた食事と、食事量の軽減が必要になります。満足するまで食べるのではなく、腹8分目で我慢することがとても効果的です。

 

内臓脂肪は蓄えられやすいですが、減らしやすいメリットもあるので食事制限と運動を併用することにより数ヶ月くらいで解消することが可能です。

 

運動は激しい運動ではなく、30分程度の有酸素運動が効果的です。スローウォーキングなどは体への負担も軽く継続しやすいのでオススメです。

 

それでも症状が改善しない場合は、病院を受診することで食事指導や薬を使うことでより改善しやすくなります。