便秘改善でダイエット

便秘は腸内環境の悪化により排便回数が少なくなったり、便が腸内に溜まっている状態をいいます。便秘だとダイエットもうまくいかないイメージがありますが、実際には便秘とダイエットはどのように関係しているのでしょうか。

 

まず便秘になると腸の動きが悪くなります。

 

腸は消化・吸収・排泄により体に必要な栄養や水分を取り込みます。この腸内に老廃物や毒素が溜まると腸自体の動きが円滑に行われず、悪玉菌の増加により消化吸収機能も低下してしまいます。

 

このように便秘が続くと腸周辺の血流が悪化し、新陳代謝も低下し脂肪を燃焼しにくくなります。

 

さらに腸の働きが低下すると必要以上に便が溜まらないように、体は栄養素や水分の状態で腸内に留めます。

 

しかし栄養素が腸内に長く留まると、その分余分に栄養素が吸収され皮下脂肪や内臓脂肪として体に蓄積されてしまいます。

 

ダイエットの成功のためには、腸で必要な栄養を吸収し老廃物をはやく体内から排出し、代謝を良くする(脂肪を燃焼しやすい)必要があります。

 

代謝が高い体質になれば、同じダイエット方法でも効率が上がり成果を得やすくなります。

 

便秘を改善するには

では具体的に便秘を改善するにはどうしたら良いのでしょうか。

 

まずは食生活を見直すことです。ダイエット中だからと過度に食事量を減らすと便の量も減り、腸の排泄する力も弱まります。

 

また、腸内環境を整えるためヨーグルトなどの発酵食品から善玉菌を取り入れ、さらに善玉菌のエサとなる不溶性食物繊維・水溶性食物繊維やオリゴ糖をバランスよく摂取します。

 

そして食べるタイミングも意識します。腸にもゴールデンタイムがあり、食後3時間の消化・吸収のゴールデンタイムと睡眠中の22時〜翌2時までの老廃物排泄のゴールデンタイムがあります。

 

この体の仕組みをうまく利用し、ヨーグルトを朝ではなく夕食の時に摂取したり、タイミングの工夫も行っていきます。

 

もちろん、食事だけでなく運動やお腹のマッサージなども重要です。特に便秘改善とダイエットの両方に効果をもたらすためには、筋トレなどの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせて行います。

 

そしてストレスも便秘の大敵です。ストレスにより全身の代謝をコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。

 

代謝が低下することで腸の働きも低下し便秘になってしまいます。生活上のストレスやダイエット自体のストレスを感じないように心がけます。

 

このように日々の生活の見直しで便秘を改善することは、結果的にダイエットの近道になります。