ボクサーダイエットで短期で痩せる方法

減量という言葉を聞くと、ボクサーの厳しい食事制限を想像すると思います。

 

それでは、ボクサーの減量方法は私たちが一般に行うダイエットに適しているのでしょうか。ここでは減量とダイエットの違いについて紹介していきます。

 

減量とダイエットは何が違うの?

減量とダイエットは同じようで意味が異なります。まずはボクサーが行う減量と、一般的なダイエットがどのようなものか紹介します。

 

ボクサーの減量とは?

ボクサーが減量を行う目的は、試合のために定められた体重まで落とすことにあります。そのため、ボクサーは体内にある水分を抜くことによって減量を図っています。

 

身体の大半は水分で構成されているため、水分を抜くだけでも十分に体重を落とすことができます。また、単純に水分を抜くだけですので、試合前の計量が終われば、水分を補給して体重を戻すことも可能となります。

 

一般的なダイエットとは?

一般的なダイエットは体内に蓄積された脂肪を燃焼し、消費することによって体重を減らします。日常的にカロリーを摂取しすぎると体内に脂肪としてカロリーが蓄積され、太る原因となります。

 

つまり、ボクサーが行う減量は体重を戻すことが前提となりますので、一般的なダイエットを目指している方には不向きな方法となります。

 

リバウンドの危険性が高い他、多少無理を行っているため、栄養失調や脱水症状などのリスクもあります。

 

ダイエットはリバウンドを考慮することも大切

ダイエットは体重が落ちて終わりではありません。元の生活に戻ってしまうとリバウンドを引き起こす危険性もあります。

 

リバウンドを引き起こさないためには、正しいダイエット方法を行う必要があります。ボクサーの減量では体重は落ちてもダイエットにはなりません。

 

これは食事制限などにおいても同じことが言えます。仮に体重が落ちたとしても、元の食生活に戻ると再び体重は増加してしまいます。

 

脂肪を減らすだけでなく、脂肪を燃焼しやすい身体を作ることで、リバウンドのしにくいダイエットを行うことができます。