BMIの計算方法と男女別判定基準

BMIとは、Body Mass Indexの略になります。直訳すると、体の集積の指数という意味です。

 

なんの指数かというと肥満度という身長に対して自分の体重が太っているのか、痩せているのかといった検査をするための指数になります。

 

これは世界共通の検査方法で、どの国でも同じように計算し、判断数値に差は多少ありますが健康維持の為に活用されているものです。

 

このBMIが作られた経緯は、理想的な体重が病気になりにくいという研究結果が発表されたからです。

 

太り過ぎだと高血圧、糖尿病、癌など生活習慣病や病気にかかるリスクが理想的な体重に比べ2倍増加します。

 

逆に痩せている人は栄養不足、慢性的な病気に気づくことができていない為低体重になっていることが多いそうです。

 

このようにBMIは健康を維持するためにはとても需要な数値で、この数値を基に健康管理、体重管理をすることでより健康でいられると考えられています。

 

BMIの計算方法

BMIは、

 

体重(kg)÷身長(m)の2乗

 

で計算します。

 

身長はcmではなく、mで計算しますので注意して下さい。

 

そしてこの計算方法ですが、成人している大人用の計算方法であり、子供や妊婦はこの計算方法は使用しません。

 

BMIの男女別判定基準と、体脂肪率の男女基準とは?

日本は肥満が少ない国とされており、肥満に対する判断基準が外国よりも厳しいとされています。

 

日本基準ではBMIが25以上を肥満、17.5からは低体重と決められています。

 

理想的なBMIは男性が22、女性は21とこの数値に近い程健康的で理想の体重と考えられており、もっとも病気になりにくい体型と言われています。

 

この数値を目標にすることは理想ですが、ちょうどに合わせることは難しく、この男女別数値の前後2くらいであれば理想の体型基準に入っています。

 

BMIは体脂肪率と関係はなく、あくまで見た目的な体系の判断基準になります。

 

体脂肪は簡単に計算することが難しく精密に検査することが必要です。

 

最近では体重計で簡単に検査することも可能になりましたが、以前までは体の断面の映像を撮影しなければ計算することはできませんでした。

 

体脂肪は見た目はやせていても、体の中の脂肪が多い人もおり見た目で分からない脂肪がどれだけあるのか検査することができます。

 

この体脂肪も多ければ多い程病気になるリスクが高いと言えます。

 

女性の理想は20〜28%、男性の理想は15〜20%と言われています。女性は男性に比べ脂肪が多いので数値に開きが出ている結果になります。