海外、アメリカの人気ダイエットサプリと効果

何が違うの?アメリカのダイエットサプリの特徴

 

最近秘かに注目を集めている海外製のダイエットサプリメントですが、日本のダイエットサプリと比べてどのような違いがあるのでしょうか?

 

今回は、サプリメント先進国であるアメリカのダイエットサプリに注目して、ご紹介していきます。

 

「アメリカのダイエットサプリは、日本のものと比べて効果が高い」というクチコミをよく耳にしますが、それは本当なのでしょうか。

 

アメリカでサプリメントの開発が進んでいるのには、いくつかの理由があります。

 

医療費が高いので、病院にかからずサプリメントを使って予防・改善する人が多い

アメリカでは、医療費の負担が大きく、日本のように気軽に病院に行けない人が多くいます。

 

日本では、医療費の自己負担割合は3割で、高額療養費制度もあり、手厚く保障されています。救急車も無料です。

 

しかし、アメリカは国民皆保険ではないので、保険に入っていない人もいて、高額な請求に自己破産してしまうケースもあります。

 

そのため、まずは、病院に行かないで、市販薬やサプリメントを使う人が多いのです。

 

人口の約半分がサプリメントを利用しており消費者の目も厳しい

そんなわけで、アメリカでは、サプリメントの市場規模が非常に大きく、監視する団体も多く存在します。

 

日本では「効果があったらラッキー」くらいの位置づけのサプリメントですが、アメリカでは違います。効果がないものは廃れていきますし、効果がないと訴訟を起こされることもあります。

 

GMP基準が日本より厳しい

GMPとは、サプリメントなど健康食品の品質基準のことですが、この基準は国ごとに異なり、アメリカの基準は世界一厳しいと言われています。

 

日本産がNo.1だと思っている人には意外かもしれませんが、表示通りの成分か、体内で溶けるか、異物混入など…全ての面で日本の基準は、アメリカより緩いのです。

 

何を選べば良い?具体的に人気のダイエットサプリをご紹介

ダイエットサプリだけでも何百種類もあり、太っている原因別に選ぶべき商品が違うので、万人に効く商品は中々難しいですが、人気のものをご紹介します。

 

ダイエット効果のある成分名

  • 「カルニチン」…脂肪燃焼
  • 「アルファリポ酸」 …ブドウ糖をエネルギーに変える
  • 「アミノ酸」…筋力向上で代謝アップ
  • 「コエンザイムQ10」…下半身痩せ

 

人気の商品名

  • 「ゼニカル」…脂肪分を体内に吸収せず排出させる
  • 「リポドリン」…食欲抑制、脂肪燃焼

アメリカのサプリに含まれる成分は、日本では医薬品扱いだったり、認可されていない場合があります。

 

有効成分が強く効果が高い反面、副作用が起きる可能性も高いので注意しながら摂取しましょう。

 

過剰な摂取は厳禁!規定量を守ること。最低3ヶ月は継続しましょう。薬ではないので、即効性は弱いです。異常があれば、すぐに服用を中止しましょう。